真の自計化とは?

自計化という言葉を、最近はあちこちで使われていますが?

自計化で、数字が読める経営者に!

1.自計化の誤解
自らがパソコン等へ会計データを入力すること。と思われますが、これだけでは誤りです。

2.自計化とは
自らが会計データを処理し、毎月の試算表等会計帳簿を作成することはもちろん。さらに、財務諸表(決算書)を読める段階を自計化といいます。つまり、自らが会計帳簿を作成し、財務諸表から会社の実態を把握できる、要するに数字が読めるようになってはじめて、自計化といいます。

3.当事務所の自計化支援
お客様の会計能力に応じ、段階を踏んで自計化へと導きます。
お客様の会計能力がアップすればするほど、当事務所のサービスが高度化します。
例えば、「予算・経営計画の策定支援」「予算実績比較分析」「資金繰り計画」「経営分析」「銀行対策」「黒字・節税対策」「赤字対策」「戦略的経営計画」など
は、自計化していてこそ効果が上がるサービスです。

経営アドバイス・コーナー
BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから
小西巌税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
東京税理士会所属
お気軽にお問合せください。
小西巌税理士事務所
TEL:042-721-7275
konishi-iwao@tkcnf.or.jp